前へ
次へ

腰痛になる原因を探っていこう

よく、重たいものを持ち上げると腰痛になることがあります。これはぎっくり腰とは少し異なりどちらかと言えば筋肉の痛みが生じる場合です。筋肉の痛みが生じている場合には、筋肉が疲労している可能性が高いです。腰痛は、継続的に痛いと言うよりもだるさが続いているような状態でしょう。そのような状態が続くと、いつの間にかじっと座っているだけでもだるさを感じることが考えられます。これを防ぐためには、正しい姿勢で座ることです。また正しい姿勢で歩くことも重要です。腰痛になった場合には、マッサージなど受けて一時的に直ることがあるかもしれません。しかしそれはあくまで1時的によくなっているだけで、長期的に行ったわけでは無いわけです。ではどのようにしたら本当から治すことができるかと言えば、姿勢を正すことを常に意識しておくことでしょう。猫背の人はまっすぐ歩くように努力すること、そしてもし前のめりになって座っている人がいるとすれば背筋をまっすぐすることです。

Page Top