前へ
次へ

骨盤を正すことが腰痛を治すポイント

腰痛持ちの人は、首こりや肩こりのトラブルにも見舞われているケースが少なくないようです。首と腰は繋がって動いていますから、頭や体の重みを支えていることも察しがつくでしょう。ですから、仙腸関節(骨盤)に異常があれば、頸椎や腰椎にも異常が出ますし、腰椎に異常があれば、仙腸関節にも異常が生じるという痛みのスパイラルに陥ります。ですから、医療機関のうち、仙骨の位置を調整する矯正治療を行うところがあります。脊椎を一番下で支える土台でもあるのが仙骨で、関節を開いて適確に動かすことにより、腰椎の微妙なバランスの歪みを正すことができます。いうなれば、仙腸関節を動かして腰椎も動かすことで、動きをスムーズにさせるワケです。元の位置に、元ある状態にしっかり戻すための治療をしてくれる医療機関も少なからずありますから、たかが腰痛と軽視せずに、治療をしましょう。治療してからも、暫くはアフターケアを続けることでしっかり治す方向に持っていくことができます。

Page Top