前へ
次へ

丈夫な骨と筋肉を作る食事で腰痛予防を

ストレッチをしたり湿布を貼ったり鎮痛剤を飲んだりと、腰痛対策を日々試みる人はとても多くあります。内側から腰痛対策をするのであれば、腰痛になりにくい強い筋肉や骨を作るため、そして血流をよくする食べ物を意識することです。丈夫な骨を構築するのにはいわずと知れたカルシウムであり、煮干しやサクラエビに小松菜、アーモンドや胡麻に大豆にも豊富に含まれています。体内でカルシウムの吸収を良くさせる、ビタミンD豊富な食材も献立に入れることです。イワシの悪焼きや干しシイタケ、秋刀魚やサケにもビタミンDは多く含まれています。骨をカルシウムと一緒に強くするのはマグネシウムであり、くるみやヒマワリのためにも豊富です。骨を丈夫にするためには、意外なところでたんぱく質も必須であり、筋肉も強くするので良質なたんぱく質も摂取をします。大豆をはじめ卵や肉類のチーズ、うなぎ屋あさりにもたっぷりです。手を加えずに腰痛予防のために食べることのできる、ヨーグルトを習慣にするのも悪くはありません。

Page Top