前へ
次へ

腰痛を招く腰への負担は日頃から減らす努力を

一時しのぎで病院で治療を受けても、また腰痛で悩みを抱えてしまうケースは少なくはありません。実は疲れや日頃の姿勢の悪さも、腰痛になる大きな原因です。よくあるのは自分でも無意識にやっている姿勢の悪さであり、直立しっぱなしの姿勢や前かがみの姿勢を長くやり続けると、腰にある筋肉には大きな負担になります。腰を丸めるのが楽という人もいますが、腰への負担は痛みにつながるため、姿勢をよくするように心がけることです。生活をする中でできる限り、姿勢を正して腰への負担を減らすようにします。腰の筋肉を酷使するのも、腰に痛みを生じさせる要因です。重量のある荷物を無理に持ち上げたり、激しい運動を無理してやり続けるのもその中に入ります。辛い痛みを生じさせないためにも、急激に腰に負荷のかかる動きは控えること、腰にできるだけダメージを与えないことです。どんなに痛みがあっても病院での注射や、鎮痛剤のおかげで一時的に痛みを抑えることはできますが、やはり日頃の腰への負担をかけない努力も忘れてはいけません。

Page Top